神保町整体日記

抗酸化物質を検証してみました。(part2)

実験開始から12時間後の様子です。

R1A.jpg R1B.jpg
R1C.jpg R1D.jpg
写真をクリックすると拡大します。

 

まず「水道水」と「沸騰水」の比較。

予想通り、沸騰させたことで塩素が蒸発した分、サビの進行が遅いようです。


次に「還元塩」と「天然塩」との比較。

「天然塩」は「水道水」と同じように全体的にサビが広がっていますが、「還元塩」は一か所に集中していて、金属自体にはサビが見られません。


「ピクノジェノール」もサビていますが、「水道水」と比べて黒っぽいのが特徴です。


「ビタミンC]は全くサビが見られません。

さすがにシャワー用の浄水器等に使われているだけあって、塩素除去能力は高いです。


「鉱石」から出ているマイナスイオンは抗酸化には関係ないですね。


「活性水素」も、ほんの少しサビが見られますが、かなり酸化を防いでいるようです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokyo-taishindo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/23

ページ上部へ