マッサージに行くと逆に痛くなる腰痛

普段から腰痛があり、マッサージや整骨院で腰痛の施術を受けると、逆にもっと痛くなってしまうという患者さん。

動作テストをすると、後ろにほとんど反れない状態。

こういう患者さんは、本人の申告通り、うつぶせに寝たままで施術すると、起き上がる時に余計に痛みます。

腰を触診すると、右の腰の腱(3本目)が浮いているので、後屈して腰の筋肉がふくらむと痛むという所見と一致します。

おそらく、マッサージに行くと、この腱を変な方向に押し込んでしまうためにさらに痛くなってしまうのでしょう。

 

外れた腰の腱.jpg施術は、腱引きの基本通り、内側に収めるように腱を引きます。

これで痛みはなくなりましたが、後屈の角度が不十分なので、さらに横に走る靭帯を収めました。

もう一度後屈してもらうと、完全ではありませんが、まあ後ろに反れているので、あとは残る全身を施術して終了。

押しも揺らしてもストレッチしても、筋肉は多少ゆるみますが、腱を引いて位置が正常にならなければ痛みは劇的に変わりません。

 

「押してダメなら引いてみな。」は「わかっちゃいるけどやめやれない!」に匹敵する人生の真理かも知れませんね。