肘の痛みの施術~テニス肘編~

肘の外側が痛む30代女性の患者さん。仕事はデスクワークです。

整形外科での診断はテニス肘ですが、彼女はテニスをやっているわけではありません。正確には「上腕骨外側上顆炎」といいます。

 

痛みが出る箇所は、指を伸ばす筋肉や、手首をそらす筋肉(右図:短橈側手根伸筋)が肘の骨にくっつくところで、そこで炎症が起きたために痛むと考えられていますので、冷湿布や痛み止めが処方されたり、テニス肘用バンドを装着します。


彼女も典型的に指や手首をそらした時カバンを持つ時などに激痛が走ります。

 

しかし、腱引きでは、炎症とは考えません。前腕の筋肉のバランスが崩れて痛みが出ていると考えています。

 

前腕伸筋群イラスト.jpg 短橈側手根伸筋イラスト.jpg
イラスト:ボディナビゲーション(医道の日本)

 

まずは指から手首、肘まで筋肉を整えていきますが、テニス肘はそれだけでは治らないことが多いように思います。

彼女の場合、手首を内側にひねってもらうと、ピクっと細いスジが骨を横切るように動きます。正常な人にはみられない現象です。

かといって、このスジを直接引いても治りません。

そこで、いろいろ前腕を探っていると、小指を動かす筋肉(尺側手根屈筋あたり?)をおさえると、手首をひねってもスジが動きません。

「ここだ!」と心の中で絶叫しながらこの筋肉を調整して、はじめに痛みが出ていた動きをしてもらいました。

「痛い動きをしてみてください。どうですか?」

「大丈夫です。」

これで一件落着。

今回は、骨を挟んで、ちょうど反対側の筋肉がおかしくなって肘に痛みが出ていたと思われます。

痛みはあくまで結果で、やはり人間はバランスが大切だと、改めて師の言葉を実感しました。

 

腱鞘炎、肩関節周囲炎(五十肩)など〇〇炎と名前がついても、炎症が確認できることはまれです。
炎症の4徴候発赤、熱感、腫脹、疼痛ですが、疼痛があるから炎症とは限らないのです。)

プロや部活でテニスをしていない限り、テニスが原因でテニス肘(上腕骨外側上顆炎)になるわけではありません。

デスクワーク、特にブラインドタッチができる人は、入力する時、指しか動かさないので、指を動かす筋肉が付着する肘に負担がかかります

その疲労が蓄積して、何かをきっかけに筋肉がバランスを崩し、痛みが出ているにすぎないのです。

私のように、せいぜい3本指打法で手があちこち動きながら入力していると大丈夫なのですが・・・。