体にいい水 検証実験

どの水が体にいいか検証してみました。(最終回)

実験開始から108時間後、つまり4日半経過した様子です。

今度は、錆が少ない順に並べてみました。

最終結果1.jpg 最終結果2.jpg
写真をクリックすると拡大します。

 

左の写真のうち、5番目まではかなり優秀に見えます。

6番目以降は、個人的にはあまり飲みたくない水です。

 

今回の実験で驚いたのは、水道水の錆の早さです。

水道水には、感染症や中毒を防ぐため塩素が使われています。

しかし、塩素活性酸素を発生させてしまったり、発がん物質であるトリハロメタンが出来てしまいます。


活性酸素細胞膜を酸化させてしまうので、細胞を損傷したり、ガン細胞の発生を手助けしたり、動脈硬化を引き起こしてしまいます。

常用する飲料水は、塩素が入っていない水をおすすめします。

 

上位3位までの水「桜島 」「鹿児島」 「日田(サーバー)」は、取り寄せの送料を入れると、2リットル換算で300円を超えてしまいます。

その点、4位の「海外A」、5位の「山梨」はコンビニ等で気軽に買えるので、手軽さやコストパフォーマンスはいいと言えるでしょう。

 

よく、「〇〇の水を飲んで▲▲▲が治った」と宣伝している広告がありますが、水だけで病気が治る期待はしない方がいいと思います。
 (それまでよほど悪い水を飲んでいれば別ですが・・・。)

多少、ミネラル等が多いかも知れませんが、それならサプリメントで補った方が確実です。

 

今回のサンプルをひとつずつしか作っていないので、厳密ではありませんが参考にはなると思います。

 

なお、商品名を知りたい方は、来院した時に聞いてくださいね。

 

どの水が体にいいか検証してみました。(Part4)

実験開始から60時間です。

体内の水はどれくらいのサイクルで入れ替わるのか計算してみましょう。
 

年齢にもよりますが、人体のおおよそ60%水分です。

体重が60kgの人

   60kg × 0.6 = 36kg(リットル)

の水分が含まれます。

そのうち、尿や汗、呼吸で1日に1.5リットルの水分を排泄します。

単純に計算すると、水が入れ替わるサイクル

  36リットル ÷ 1.5リットル = 24日

となります。

同様に計算すると、体重が50kgの人20日サイクルで入れ替わります。

 

A8.jpg
B8.jpg
C8.jpg
D8.jpg
E8.jpg
F8.jpg
 

写真をクリックすると拡大します。

「桜島」 「鹿児島」 「日田(サーバー)」 「海外A」のサンプルの酸化反応はほぼ止まっていますが、その他の水のサンプルはまだまだ続いています。

次回で最終回です。お楽しみに。

どの水が体にいいか検証してみました。(Part3)

実験開始から12時間経過した状態です。

A4.jpg
B4.jpg
C4.jpg
D4.jpg
E4.jpg
F4.jpg
 

写真をクリックすると拡大します。

「桜島」と「鹿児島」と「海外A」の水以外はかなり錆が目立ってきましたね。

Part4に続く・・・。

 

 

どの水が体にいいか検証してみました。(Part2)

実験開始から3時間経過した状態です。

A1.jpg
B1.jpg
C1.jpg
D1.jpg
E1.jpg
F1.jpg

 写真をクリックすると拡大します。

「水道水」と「海外B」のサンプルの鉄は早くも錆びて、水が濁っています。

逆に「桜島」と「鹿児島」は鉄と水ともに全く変化は見られません。

写真ではわかりづらいのですが、「水道水(浄水)」と「富山」と「酸素水」は、鉄に若干の錆びと水の濁りが出ていました。

その他のサンプルは、水は濁っていませんが、鉄のちょうつがい部分や分かれ目部分にだけ少し錆びが出始めています。


  ※実験で使っている鉄製のカードリングは、鉄線にニッケルメッキを施した物です。
     ちょうつがい部分やリングの分かれ目部分のメッキが弱いためか、そこから錆びていくようです。

Part3に続く・・・

 

 

 

どの水が体にいいか検証してみました。(Part1)

昨今、さまざまな水が売られています。買う時に決め手になるのは値段だったり、味だったり、ミネラルなどの微量成分にこだわっている方もいらっしゃると思います。


以前、あるメーカーが水に釘を入れても錆びにくいという実験をしていました。

錆び=酸化ですから、人の体に入った時に酸化⇒老化と考えれば、できるだけ錆びにくい水の方が望ましいということになります。
(あくまでも体外でも実験ですので、実際に体内ではどういう反応をするかはわかりませんが・・・。)

そこで、いろいろなメーカーの水に鉄を入れ、錆びる早さを比較する実験を行ってみました。

A0.jpg
B0.jpg
C0.jpg
D0.jpg
E0.jpg
F0.jpg

 写真をクリックすると拡大します。

ラベルには、商品名ではなく、取水地を書いてあります。

水の選択は、コンビニで手に入りやすいペットボトルの水や、今まで自分で飲んでいた水なので、取水地に偏りがあることはお許しください。
   ※下の3枚の写真に写っている6個のサンプルの水は、コンビニ等で簡単に手に入る水です。
   ※浄水器は市販の蛇口に付けるタイプの物を使っています。
   ※サーバーと書いてあるサンプルは、当院に置いてあるサーバーの水です。


厳密な実験ではありませんが、水の量や日当たり等の条件は同じにしてあります。

しかし、水道水(写真の上一番左側)からサンプルを作り始めたので、全部のサンプルを作り終わる頃には、すでに鉄が錆びて水が濁り始めています。(恐るべし、塩素の働きか?)

これから、時間の経過と共に、どのように変化していくのかお楽しみにしてください。

1
ページ上部へ